<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 太陽の坐る場所 | main | かまわぬ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
ふがいない僕は空を見た

窪さんの本をよむのは初めてでした。

直接的なダイレクトな性描写がわたしは苦手です。
レビューを読んだとき、たぶん、いやぜったいこの本は
そういう描写がわんさかしている!!と思って
避けていました。
でも読みました。

わんさかでした。
想像以上にわんさかでした。

でもまっすぐでした。
不器用で、ばかできたないこころをもったひとたちが
ほんとうに素直にだらだら泣き、求め合っていて
それはそのまま生きるってことなんだなと思った。

たぶんきっと生の、いい本なんだと思う。

きらいではなかったし。
よんでよかったって思った。
おすすめ!っていっていいのかなって思うけど。
読んで損はしない。
美しい本だと思いました。

| comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
コメントする








preview?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック