<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< テゴマス君 | main | 豆鉄砲くらえ! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
浮世でランチ
久しぶりに、ブログに書こう!って思った作品。
浮世でランチ
浮世でランチ
山崎 ナオコーラ
愛すべき、山崎ナオコーラさん。
とはいえ、ものすごい名作で感動に打ち震えた!!とか。
そんなんじゃない。
やんわりと好きでたまらない、そういうものを山崎さんが書くなあって。
単純にすごい好みなんでしょうね。きっと。

一人の女性の幼いころと、今、が交互に描かれてて。
旅行記みたいな部分と回想みたいなことなのかな。
よしもとさんのにおいを私は感じるけれど。
山崎さんの書くものはとにかくセンスを感じるので読んでしまいます。
そのセンス、っていうのも突き詰めていけば単なる趣味、なのですが。
すごい好きです。
私が一番作家さんに求めるものって、きっと言葉選びなので。
普通にさらりと、凄いこと書いてるなって思わされたくて。
表現力?
もちろんそんなの抜いても作家さんたちはすばらしいんですけど。
よしもとさんとか山崎さんはすごいさらりと格好いい言葉を書くので
ほんとそれだけで読んでる価値を感じます。
本、好き。でもなんでも好きなわけじゃない、たぶん。
活字が好きだからきっとどんなものでも読むことはできるけれど。
すきだーって思えるのってまた別だから。
音楽もしかり。ひともしかり。
さらりとかっこういいのが読みたいひとにおすすめできる本でした。
| comments(2) | trackbacks(1) | 日記 |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
こんにちは。
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。
| 藍色 | 2009/09/29 11:14 AM |
藍色さん、こんばんは!
コメントとTB有難う御座います!
山崎さんの本はとても好きなものが多いのでこれからも読んでいきたいです!
ありがとうございましたー!
| 晴 | 2009/10/01 10:55 PM |
コメントする








preview?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

この記事のトラックバックURL
http://orange-haru.jugem.jp/trackback/1477
トラックバック
浮世でランチ 山崎ナオコーラ
明日の私は、誰とごはんを食べるの。人が人と関わる意味って、何。 25歳の私が世界に触れる、一瞬の奇跡。文藝賞受賞第一作。 閉塞感の...
| 粋な提案 | 2009/09/29 10:59 AM |